相模女子大学 ファッションショーに旭化成アドバンス(株)のフュージョンを使っていただきました。

公開日:  最終更新日:2016/03/01

dragon(相模女子大学生活デザイン学科ファッションショー企画学生共同制作)

 

こんにちは。テキスタイルネットの田中と申します。
テキスタイルネットでは、テキスタイルネットコンシェルジュというサービスがあり、日々、バイヤー会員の皆様から様々な素材の問い合わせをいただくのですが、「立体構造編み物のスペーサーファブリックを探している」というお問い合わせを受けました。繊維業界歴がすっかり長くなった私も初めて受けた問い合わせだったので、いろいろ調べた結果、旭化成アドバンス(株)さんがフュージョンという立体編物を展開していることをわかりました。
フュージョンとは
柱・筋違構造を編組織に応用し、形態保持性と弾力性を合わせ持つ
旭化成せんいが生み出した画期的な素材です。

フュージョンホームページより)

 

旭化成アドバンス(株)さんにお話を伺うとフィット性やホールド性を活かし、カーシートや寝具などに幅広く利用されている定番品とのことでした。
同じ繊維でもルートが違い、アパレル用途以外で使われるものはなかなか扱う機会がないもので、私も初めて知りました。

fusion
今回はフュージョンのバルキー性を活かし、相模女子大学さんのファッションショーのコレクションパーツとして利用していただきました。

 

fusionred
(染色テストの様子)
テキスタイルネットは、さまざまな繊維製品の仕入れができるサイトです。お気軽にお問合わせください。

 

 

旭化成アドバンス株式会社
http://www.asahi-kasei.co.jp/advance/jp/index.html

相模女子大学
http://www.sagami-wu.ac.jp/

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket