生地・テキスタイル・副資材卸販売・仕入ならネットの生地問屋 | テキスタイルネット >丸幸株式会社 キルト・キルティング特集

 

 

 


キルティング(キルト)と言うと、一般的には多色の布を縫い合わせたパッチワークキルトなど、手芸的なキルトを言うと思いますが、当社は機械(ミシン) を使用したキルトの加工を得意としております。
代表的には防寒服などの裏地用キルトがありますが、当社においてはニューキルトと呼んでいますが、アウター用にオリジナルの柄や多色ステッチを使用したキルト加工をする事が出来ます。 当社定番生地にキルトの加工をするのは勿論ですが、生地をお預かりしての加工などもお受けしておりますので、何なりとご相談下さい。


詳しくは、丸幸株式会社にログイン後、キーワード検索で「“キルト”」と検索してみてください!

 



日本でも数少ない特殊の機械を使用して、オリジナの柄や、多彩なステッチ・多色の糸を使用する事により、ファッション性に優れたキルト加工をする事が可能です。


     


また、従来のキルト加工では中綿を使用しなければ加工出来なかったですが、この機械を使用することにより中綿無しでも加工ができ、オールシーズンいろいろな素材に加工をする事が可能になりました。

 

 

※生地・サンプル帳画像をクリックすると拡大画像が見られます。

柄 :M1460

生地:M-310

サンプル帳は
こちら  ⇒

 

柄 :M1473
生地:S-341

サンプル帳は
こちら  ⇒

柄 :M1528
生地:A2030

サンプル帳は
こちら  ⇒

 

柄 :M1515
生地:GT-011
(合皮)

サンプル帳は
こちら  ⇒

 

 

 

 

 

 



一番ベーシックなキルトの加工です。防寒用の裏地キルトで使用している場合が多く、柄の何パターンか決まった柄の加工なりなります。
最近では、両面でのキルト加工をした生地でジャケット・コートなども多く見られ、ベーシックな柄の良さと、加工コストもこなれている事もあり、当社においても一番受注の多い加工です。


※生地・サンプル帳画像をクリックすると拡大画像が見られます。
 

柄 :216B
生地:5900(裏地)

柄 :215A
生地:S-190

サンプル帳は
こちら  ⇒

 

柄 :2インチBOX
生地:S-250

サンプル帳は
こちら  ⇒

 

 

   

 



この機械は基本的にマシンキルトと同じ様な機械で、コンピューターで制御して一筆書きのキルト柄を作成する事が出来ます。
ニューキルトと比べると柄の制約、糸の単色使いなど自由度は狭くなってしまいますが、マシンキルトとはちょっと変わった柄を表現する事が出来ます。


※生地・サンプル帳画像をクリックすると拡大画像が見られます。

柄 :E76325
生地:S-400

サンプル帳は
こちら  ⇒

 

柄 :E764
生地:S-580

サンプル帳は
こちら  ⇒

 

柄 :E76925
生地:S-400

サンプル帳は
こちら  ⇒

 

 

 

 

 

   

 

 

 


 
 

 

>> 特集一覧ページへ戻る
会社概要  | 広告掲載について | プライバシーポリシー | 利用規約 | ご利用ガイド | Q&A | サイトマップ | リンクについて
ファッション・アパレル情報サイト | テキスタイル生地卸・販売 | ホームページ製作・インターネットSEO対策 | テキスタイル用語集
生地・テキスタイル・副資材卸販売・仕入ならネットの生地問屋 | テキスタイルネット